Sugiura TP-SLA Kaken

遷移確率に基づく第二言語処理能力発達理論構築のための基礎的研究
基盤研究(B) 平成24年度から27年度(研究課題番号:24320105)
研究代表者:杉浦正利、研究員:梁志鋭



EuroSLA 2013

Native-like Advantage in Processing Collocational Expressions among Japanese Learners of French



NICE Symposium 2013

シンポジウム:第二言語習得研究のための学習者コーパス

  • 2013年3月5日(火曜日)11:00 – 17:00
  • 名古屋大学 国際開発研究科 オーディトリアム